ガラパゴス諸島観光の際には是非見たい!ガラパゴス諸島に生息する18種類の代表的な固有種たち!

Pocket

 

ども、ふくとです。

 

 

世界一周6カ国目にして、死ぬまでに行きたかった島、

夢のガラパゴス諸島に行ってきました!

 

嬉しいことに死ぬまでにやりたいことが徐々に達成されてきてますT_T

まだ死ぬ予定とかないんですけど。w

 

ということで、今日はガラパゴス諸島に関することを書きたい思います!

 

独自の進化を続けるガラパゴス諸島

Galapagos-04

画像元:sites.google.com

 

エクアドルの一部である、ガラパゴス諸島は、ユネスコ世界遺産にも登録されており、大小様々な島があり、合計で123もの島があります。

 

そんなガラパゴス諸島では、他の島では見られない固有種がたくさんいます。

諸島だけでも、1300種以上もの生物が生息しています。

 

そんなガラパゴス諸島に訪れるなら是非見ておきたい固有種を

これから紹介していきたいと思います。

 

 

ガラパゴス諸島でぜひ見たい14種類の固有種

 

1.ガラパゴス・ゾウガメ

Galapagos-Tortoise425

画像元:www.travelwithachallenge.com

英)Galapagos tortoises

 

ガラパゴス諸島の名前の由来でもあるこの巨大なカメ

ガラパゴスゾウガメは、世界で一番大きいカメで、世界で一番長生きする脊椎動物でもあります。

寿命は推定170年以上。

彼らを捕食する動物がいなかったことから、おとなしく従順な性格が特徴。

しかし、それゆえに、この島が発見された当初は、人間に食べられたりするなど、不当な扱いをされ、もともと250,000頭いたカメは、現在15,000頭にまで数が減っています。

 

現在は、人間の手によって、人工孵化が行われるなど、徐々にその数は増えてきている。

 

2.マリンイグアナ

marine-iguana.jpg.638x0_q80_crop-smart

画像元:www.mnn.com

英)Marine iguana

 

地球上でここでしか見られないイグアナが、このマリンイグアナ。

むしろ異常種といってもいいほどの希少種。

 

マリンイグアナの主食は海藻。

1日に1回海藻を食べに海へといき、その後は次に備え、陸で身体を温める。

なので、ほとんどの時間、陸に生息しています。

というか、気持ち悪いくらいいっぱいいます。

 

マリンイグアナの鼻孔には、海の塩を身体に取り込まないような仕組みがあり、

陸に出てから、まるでおっさんがつばを吐いているかのように、塩分を体外へと放出しています。

 

3.リク イグアナ

Galapagos_Lizard_677x451

画像元:www.sheddaquarium.org

英)Land iguana

 

サボテン、果実を主食として、陸で生活をするガラパゴス固有のイグアナ。

寿命は60年ほどと言われている。

環境破壊や乱獲、外来種によって、数が激減中で、島によっては絶滅したところもある。

 

動きは、カメ並みに遅い。

 

4.アオアシカツオドリ

Galapagos_Boobie

画像元:www.sheddaquarium.org

英)Blue-footed boobies

 

その名のとおり、青い足が特徴。

 

繁殖期のオスの求愛行動がかわいいとの声もあるので、

時期があえばぜひ見てみたいです。

 

足の色は、エサである魚の色が着色しており、健康を示す指標でもある。

 

子どもの時は、羽が白く、足も青くなかったです。

スクリーンショット 2016-07-01 12.50.45

 

5.アカアシカツオドリ

Red-footed-booby

画像元:www.life-in-ecuador.com

英)Red-footed boobies

 

足が赤いカツオドリもいるらしい。

のですが、見れていないので、よくわかりません。

 

きっと、エサの影響で足が赤いのか、健康に異常をきたしているのだと想像しています。

 

6.アメリカングンカンドリ

frigate2

画像元:www.discovergalapagos.com

英)Magnificent frigatebird

 

この赤い大きな袋(ノド)をもっているのがオス。

ノドを膨張させることで、メスに性的アピールをする。

大きいほどメスにアピールできるらしい。

もともとは、大西洋や、中南米から移住してきたと言われているが、遺伝子学的には、まったく異なっているそう。

 

アピール好意をしていない時はこんな感じでした。↓↓↓

スクリーンショット 2016-07-01 11.16.25

 

 

7.ガラパゴス・ペンギン

IMG_5248

画像元:www.thinglink.com

英)Galapagos penguin

 

世界で3番めに小さいペンギンが、このガラパゴス・ペンギン。

もともとはもっと大きかったのですが、気候の変化に伴い、この大きさになったそうです。

その分、数も減ったらしいのですが。

特徴は一夫一妻制。

 

8.ガラパゴス・ホーク

Galapagos_hawk

画像元:en.wikipedia.org

英)Galapagos hawk

 

バッタ、ムカデ、トカゲなどの小生物を主に捕食する。

その一方で、孵化したてのカメやイグアナ、時には羊や鶏をも捕食するため、

農家の人にほとんどが狩られてしまった。

 

現在は400羽ほどしか生息していない。

 

9.ラバ リザード

lava-lizard.jpg.638x0_q80_crop-smart

画像元:www.mnn.com

英)Lava lizards

 

7種類以上もの種類がいるとされているリザード。

 

ガラパゴス諸島では、よく見かける種類です。

キレイな色と、すばしっこいのが特徴。

 

10.ガラパゴス・アシカ

Other category - 2008 Photographic comp entrant. Copyright given. Medium resolution.

画像元:galapagosconservation.org.uk

英)Galapagos fur seal

 

世界一、耳が小さいアシカ。

(世界一耳が小さい。ってw きっと特徴をめちゃくちゃ探したんだと思います。)

 

生活の7割以上の時間を陸で過ごすと言われており、こちらの時間もアシカの中で世界一。

 

とにかくフレンドリーな性格で、めちゃくちゃかわいいです!

 

スクリーンショット 2016-07-01 11.17.51 スクリーンショット 2016-07-01 11.17.58
sponsor link

11.ガラパゴス・フィンチ

1-darwins-finches-and-natural-selection-in-the-galapagos-c-earthwatch_5616

画像元:earthwatch.org

英)Galapagos finches

 

ダーウィンの進化論に大きな影響を与えたのが、このガラパゴス・フィンチ。

ダーウィンフィンチとも呼ばれている。

 

合計13〜16種類生息し、くちばしの形や大きさから見分けがつく。

 

Darwins-Finches

画像元:cmuems.com

 

12.サリー ライトフット

 

sally-lightfoot-crab.jpg.638x0_q80_crop-smart

画像元:www.sjc100-islands.org

英)Sally lightfoots

 

見た目からわかるように、カラフルなのが特徴。

基本、海岸沿いの岩にイグアナたちと共生している。

 

カラフルなその姿は、写真家に人気らしい。

 

13.ガラパゴス・コバネウ

flightless-cormorant

画像元:haydensanimalfacts.com

英)Flightless cormorant

 

ガラパゴス諸島のなかでも、固有中の固有種と言われている鳥がガラパゴス・コバネウ

世界の中でも、唯一飛ぶことができないウ科の水鳥であり、それゆえ、世界体重が重たいウ科の水鳥であります。

 

飛べないがゆえに、犬や猫に捕食される可能性もあるそう。

イサベラ島とフェルナンディナ島にしか生息しない固有種で、その数1,600羽のみ。

 

見れたらめっちゃレア。

 

14.ガラパゴス バッタ

medium

画像元:www.inaturalist.org

英)Large painted locusts

 

カラフルなこのバッタは、ガラパゴス諸島の未来を担っているといっても過言ではないほど重要な役割を果たしています。

生涯を通して、ラバリザードやガラパゴスホークのエサになる運命だが、ガラパゴス諸島の食物連鎖を支えている。

 

”ガラパゴスの下の力持ち”

 

これからは、そう呼ぶことにします。

 

15.ガラパゴス アホウドリ

483082394_6b09ee1d72

画像元:web.kalid.com.cn

英)Waved albatross

 

ガラパゴス諸島の中で一番大きい鳥が、このガラパゴス アホウドリ。

このアホウドリの交尾シーンが独特でおもしろいと人気!

 

機会があれば是非見たいです!

16.ガラパゴス モッキングバード

SONY DSC

画像元:en.wikipedia.org

英)Galapagos mockingbird

 

モッキングバード(マネシツグミ)界のルーツとされているのが、このガラパゴスモッキングバード。

じつは、ダーウィンの進化論に一番影響している鳥である。

 

17.ヨウガンサボテン

500_23775293

画像元:4travel.jp

英)Lava cactus

 

※下ネタではありません。

 

世界で一番短いサボテン。

隙間なく、ぎっしりと生えているのが特徴。

年をとるにつれて、色が黒っぽくなってきます。

 

18.アシガアカカッタ トリ

スクリーンショット 2016-07-01 11.14.31

 

名前、わかりません。w

 

アカアシカツオドリだと勝手に思っていたんですが、違いました。笑

なので、ガイドさんに名前を聞けていません。

でも、キレイな鳥だったので、載せておきます。

ノースセイモア島に生息する鳥なので、機会があれば名前を聞いてきてください。。。

 

人に慣れているのか、近くによっても、全然飛び回ることがありませんでした。

 

 

固有種たちの生息地マップ

スクリーンショット 2016-07-01 11.06.51

 

少しでも参考になればと、、、、

生息地マップ貼っておきます。

 

ここに書かれていないものは島に行ってから聞いてみてください!

 

さいごに

Galapagos-04

画像元:sites.google.com

 

 

いかがだったでしょうか?

 

 

現地でのツアーに参加される場合は、

基本的にスペイン語、もしくは英語での説明になるので、

生物の名前を英語で覚えておいたら、理解もスムーズになると思います。

 

それでは楽しんできてください!

 

 

 

sponsor link