ガルモントの登山靴【GARMONT MISURINA GTX】が登山初心者におすすめな訳

 

登山靴を選ぶ時、

どんな靴を買えばよいのかわからない…
どんな機能が必要なのかよくわかってない…

 

そんな登山初心者の方におすすめのシューズを紹介します!

 

【GARMONT MISURINA GTX】ガルモントのミスリナ

画像元:http://garmont.jp/products-post/misurina-gtx-jp/

日本人の足型が研究され、ガーモント初のジャパンモデルとして製品化されたシューズ。イタリアの有名ブランドが手がけるこのシューズは、解剖学の視点から、履きやすさと歩きやすさを追求されており、

・ゆとりあるつま先
・優れたフィット感
・筋肉や関節に対する衝撃の緩和
・歩行の安定性

などが特徴です。

トレッキングやハイキングに最適なVibram GrivilaアウトソールとGORE-TEXが採用された、ハイコストパフォーマンスモデルになっています。(※HP調べ)

アッパー:1.6mmスウェード
ライニング:ゴアテックス®
ソール:ビブラム®Grivola
カラー:アントラシート/グリーン
サイズ:24.5 – 29.0cm
重量:610g(26.5cm・片足)

 

ガルモントとは

画像元:http://garmont.jp/

1964年にトレッキングシューズ、スキーブーツのメーカーとしてイタリアで設立されたガルモント。登山靴の生産地として世界的に有名なイタリアで、確かな技術力と快適な履き心地が強み。機能性の高さを併せ持ち、イタリアならではのカラーとデザインの製品を送り出す名門ブランドとして世界45か国で愛用されています。

(もともとは、1867年にイタリアのモンテベルーナ地方で、主にマウンテンシューズや冬場用の地元の人々のニーズに合った履物を売るところからスタートしたらしい)

2015年には経営難に陥ったものの、熱意あるファンたちの後押しと、イタリア政府系投資ファンドによって待望の復活!

2016年に、新生ガルモントとして日本国内でも復活を果たしました。その際に、日本の代理店が代わり、現在は株式会社フラッグが担っています。

 

ガルモントのミスリナ 3つの特徴

画像元:http://garmont.jp/products-post/misurina-gtx-jp/

1.ゴアテックス素材の使用

「雨に強く、蒸れにくい。」雨が降っても、雨が気にならない。蒸れて当然の状態でも、暑苦しさを感じない。究極の快適さを実現するゴアテックス素材が使用されています。

店員さんの話によると、足の底の部分までゴアテックスで覆われているそうなので、他の靴と比べても快適に履けるそうです。実際、とても快適です。

2.耐久性や防滑性に優れたビブラムソール

Vibram社というソール専門の会社が製造しているソール。ビブラムソールは耐久性や防滑性に優れ、とにかく足を守るために必要な機能がよく考えられています。例えば、濡れた地面でもグリップ力を発揮し、マイナス40℃でも柔軟性が保たれるようになってたり。

生産段階で10項目以上の測定にかけられ、それらを乗り越えたものだけが生産されるという、品質にはこだわり抜かれているソールになってます。

3.日本人向けのモデル

ガルモント初の日本人向けにデザインされており、足首周りのフィット性も良く、安定性もGood. ワイドタイプなので、足の横幅が広い人にとってはとてもおすすめです。

そしてなにより男らしいシブいデザインが人気の秘密になっているらしい。確かに、ちょっと惹かれるデザインでした。。。

 

シューズ選びは、フィット感が大事!

 

とは言っても、シューズ選びで一番重要なのは、自分にフィットするかどうか。トレッキングシューズは足にフィットしたものでないと、足元が不安定になって怪我をする恐れがあります。

メーカーによって形や固さも違うので、シューズ選びの際は、フィット感を重視して選んで見てください!

個人的には、ショップの店員さんと一緒に選ぶのがおすすめです。登る山や靴の機能性、サイズ感などを考慮した上で商品をすすめてもらえるので、初心者にとってはすごく安心。試着をしながら自分に合ったシューズを見つけてみましょう。

 

実際に登山してみた感想

 

これを履いて、キリマンジャロに挑戦するので、また履いてみた感想などは後ほどアップさせていただきます!

 

 

ということで、登山初心者の僕がおすすめできる登山靴「ガルモントのミスリナ(Garmont Misurina Gtx)」でした!

 

 

 





sponsored link