iPhoneで撮影した動画の容量はいくらになるのか?実際に調べてみた!

ども!ふくとです(@fukuto2)

iPhone 8 や iPhone Xの購入の際に、悩みのタネになるのが容量の大きさ。

iPhone8だと、64GB / 254GB の2種類があって、

iPhone Xだと、64GB / 128GB / 256GB の3種類があります。

容量が大きくなればなるほど、iPhoneの金額も高くなるので、できるだけ自分に合った容量を選びたいですよね。

でも、何にどれだけ容量を使うのか?僕自身よくわかってなかったので、今回は、「iPhoneで動画を撮ったら、どれくらいの容量になるのか?」ということを調べてみました!

sponsored link

使用するiPhone

iPhone8のビデオ撮影は、1080p HD/30fpsで行います。このサイズがiPhoneのデフォルト設定です。

では、実際どのくらいの容量を使うのか?

1分間の動画を4種類、撮影して実験しました!

1分間の動画を撮って実験

今回、撮ってみたのが以下の4種類の動画で、シチュエーションを想定して撮影してます。

1.真っ暗の画面で、音声ほぼなし動画

※サンプル画像のため、ボタンを押しても再生されません…

何もない状態で撮影すると、どれくらい容量を使うのか?を知るため。

2.キーボードを叩いている、動きの少ない動画

※サンプル画像のため、ボタンを押しても再生されません…

(日の出の撮影など)あまり動かない景色を撮るイメージです。

3.テレビを撮影した動画

※サンプル画像のため、ボタンを押しても再生されません…

カラオケで友達の歌を撮影するイメージです。インスタとかに投稿するイメージ

4.とにかく画面を動かして、アップや光量調整機能などもふんだんに使った動画

※サンプル画像のため、ボタンを押しても再生されません…

ライブとかで盛り上がってる様子を撮るイメージしました。(これが一番容量を使うと予想)

すべての動画を1分間、撮ってみました!

sponsored link

iPhoneで撮影した動画は、1分間で110MB

結果は、、、

1.真っ暗の画面で、音声ほぼなし動画(107.4MB)

2.キーボードを叩いている、動きの少ない動画(113.9MB)

3.テレビを撮影した動画(116.8MB)

4.一番激しく動かした動画(116.2MB)

でした!

一番激しく動かした動画が一番容量を使うと思っていたのですが、そうではなかったみたいです。(笑)

ということで、iPhone8で撮影した動画は、1分間で大体110MBの容量が使われるという結果になりました。が!

ただし、、、iPhone8上で保存する場合は、HEVC(High Efficiency Video Codec/H.265)という形式で保存されるため、撮影した動画の容量が約1/2に抑えられます!

iPhone動画の容量 まとめ

iPhoneで撮影した動画の容量は、1分間で大体100~120MBで考えて頂ければと思います。

ただし、iPhone上で動画を保存をする場合は、1分間の動画が、1/2の約60MBになります。

 

内カメ、縦、横で動画撮影もしましたが、基本的に使用する容量に変わりはありませんでした。

まとめると、iPhone8のデフォルト(1080p HD/30fps)でビデオ撮影をすると、以下のようになりました。

各容量に対して、これくらいの時間、本数の動画を撮影することができます。

iPhoneを購入される際に参考になれば幸いです。

iPhone8で、4K動画を撮影してみた時の容量を知りたい方はこちら↓↓

ABOUTこの記事をかいた人

未だ人生の中で同名に出会ったことがない”ふくと”という名前を持つ大学生。アフィリエイトの最高月収は23万。TOEIC925点。世界25カ国の渡航経験と米国留学経験があります。純ジャパですが、顔が”東南アジア系ハーフ”とよく間違えられます。