キリマンジャロ登山・マチャメルート4日目「食欲不振との闘い。飯食わなくても登頂できるのか?」

 

2018年9月26日〜10月1日(5泊6日)でキリマンジャロに登ってきました!今回はが食欲不振と闘っていた4日目について書いていきます。

日付:2018年9月26日〜10月1日

ルート:マチャメルート

使ったツアー会社:キリクライマーズ (Kili Climers and Safari LTD)

費用:1410ドル(入山料:830ドル+ツアー代:430ドル+チップ:150ドル)

 

sponsored link

マチャメルート4日目の行程

画像元:https://tabihon.jp/overseas/af-8701/

 

マチャメルート4日目は、バランコキャンプ(3960m)からバラフキャンプ(4640m)に向かいます。

この日は、距離も長く高度も上げる日で、合計8時間ほどかかりました。

 

6:30くらい 起床

昨日の晩もご飯を食べませんでしたが、朝になっても食欲不振は続きました。

朝ご飯を食べようと試みますが、匂いでアウト。

ということで、フルーツだけ用意してもらって、フルーツだけ食べることにしました。(柑橘系、最高。)

 

その後は、太陽が出てきたので、前日に濡れたレインコートやサックカバー、登山靴、アンダーアーマーなどを干すタイム!

岩場に濡れた服などを干して、出発の準備を整えます。

その間、酸素も薄いので、とりあえずボ〜っとして、体力温存に務めています。

 

そして、30分くらい?経ったあとに、干していたものを取り入れて、出発に向かいました。

出発!

少し下ってから、、、

 

崖みたいなところを登っていきます。

 

下から見たらこんな感じになります

 

1時間弱かけて、崖を登ると、頂上でご飯休憩。。。

ここでガイドから、「なんでも良いからエネルギーになるものを食べろ。」との司令を受けたので、とにかく友人からもらった行動食をお腹の中に入れ込みます。

慎重に入れないとすぐにリバースするので、ゆっくりゆっくり胃袋の中に収めていきます。

 

そして、軽食が済んだら、準備をして出発!

ここからは上下道がいくつかあるのですが、約3時間くらいかけてまずは、カランガ・キャンプを目指します。

この日は、前日に作ったてるてる坊主が効いたのが、雨が持ちこたえてくれて、非常に歩きやすかったです。

 

軽食も慎重に摂ったので、リバースする気配もなくカランガ・キャンプへと迎えました。

ただ、何も食べていないので、エネルギーが無くなってきたのか、高山だからなのか、身体の疲労感は徐々に蓄積してきます。

 

カランガ・キャンプに到着

 

そうこうしているうちに、中間地点のカランガ・キャンプへと到着しました。

 

昼食タイム「Push Yourself!!!」

ここ、カランガ・キャンプでは、昼食を取ることになっていたのですが、案の定、僕は食欲が湧かないので「行動食だけで済ませる」と言っていました。

しかし、、、ガイドの一人が「Why you don’t push yourself?」「御飯食べなかったらどこからエネルギー出すんだ?いいから食べろ!吐いてもいいからとにかく食べろ!」と叱咤激励を喰らいます。

 

僕自身も、自分の身体のことは自分が一番わかるし、今食べたら確実にリバースする!とわかっていました。

 

ただ、確かにここ2日間、まともなご飯を食べずに登山を何十キロもしていると考えると、自分でもどこからエネルギーが出ているのか?どこまでエネルギーが持つのか?という懸念もあったので、

これまで何百回とキリマンジャロを登ってきたガイドの言うことを聞いとくことに越したことはないと思い、後に嘔吐することを前提に、ポテトとチキンを口に放り込みました。

一切食欲が落ちない修次は強人。

 

チキンもポテトも慎重に少しずつ少しずつ口の中に入れて行きます。

 

久しぶりの食事もあってか、味はとても美味しい。& もっと食べたいと気持ちでは思うものの、消化器官は黄色信号を出してきます。

 

身体に従って、程々に食べてから、再出発をしました。

 

昼食後、再出発

 

カランガ・キャンプを経ち、次に目指すは、バラフ・キャンプ(4600m)。

バラフキャンプまでは、急な上り坂を登り終えた後、長〜い砂漠道のような上下動を登って行きます。

所要時間は約4時間。休憩も少なめに歩いていったので、これまでの登山道の中では一番きつい地点となりました。

 

 

そして案の定、僕は道中で、先程お腹の中に入れたポテトとチキンをこれでもかと言わんばかりにリバースし、歩き進めます。

いい感じの写真もしっかり撮っておきます。

 

そして砂漠道を通り、最後に少し急な坂道を登ること1時間ちょっと。

 

バラフキャンプに到着

 

標高4600mもあるので、酸素が薄い(と感じる)&到着後には、しっかりリバース。をした僕。

この頃には、もうリバースすることを前提に登山をしているので、リバースにも慣れてきました。

 

そして、夜ご飯を食べた後(何を食べたかは覚えていません。そもそも食べたのかも覚えていません)、次の日は、いよいよ山頂アタックの日なので、早めに仮眠を取ることに。(20時就寝)

アタック前夜、ガイドの人から、各々に酸素濃度を測る機械を渡され、それぞれの酸素濃度を測りました。

3人共、酸素濃度は基準を満たしていたみたいで、その後に少しだけ話しがありました。

「ここからが一番きついところだから、無理のし過ぎは禁物。でもみんなで登れることを望んでいるよ。ハクナマタータ」

みたいな感じの少し熱いメッセージが送られて、僕たちは就寝。

ちなみに次の日は、夜の12時起床なので、この日に寝れる時間は4時間だけで、次の日は15時間歩く予定でした。。。

 

いよいよ明日は山頂アタックの日。

5日目の記事はこちら↓↓

キリマンジャロ・マチャメルート5日目「山頂アタック」

2018.10.16

 

ABOUTこの記事をかいた人

未だ人生の中で同名に出会ったことがない”ふくと”という名前を持つ大学生。アフィリエイトの最高月収は23万。TOEIC925点。世界25カ国の渡航経験と米国留学経験があります。純ジャパですが、顔が”東南アジア系ハーフ”とよく間違えられます。