【タイvs日本】どっちのタイ料理が美味しいのか!?食べ比べてみた

ども!ふくとです(@fukuto2)

今回のタイ旅行をきっかけにタイ料理に完全にハマってしまった僕。

日本に帰ってから数日しか経ってませんが、さっそく日本でも友達と一緒にタイ料理を食べてきました。

本場のタイ料理を食べてからすぐなので、本場のタイ料理 vs 日本のタイ料理どちらが美味しいのか、味を比べてみました。

タイに行ってタイ料理を堪能してきた - 死ぬまでにしたい100のこと

2018.12.30

sponsored link

【タイvs日本】どっちのタイ料理が美味しいのか!?食べ比べてみた

今回対戦するのは、以下の4品。

・ガパオライス

・カオマンガイ

・パッ・タイ

・パック・ブン・ファイデーン

舞台は大阪のタイ料理屋「タイ ヤ タイ」

日本で食べるタイ料理屋は、大阪駅付近にある「タイ ヤ タイ」です。

それでは早速1品目から行ってみましょう。

sponsored link

第一戦目:ガパオライス対決

日本のガパオライス

V.S.

タイのガパオライス

日本のガパオライス(1000円):卵の黄身がとろとろで、味付けも日本人が食べやすいようにまろやかに作られている。

タイのガパオライス(170円):鶏肉とインゲンだけという極めてシンプルな具にも関わらず、味付けにパンチが効いていてご飯が進む。

どちらもそれぞれの個性があって美味しかったので、勝敗を決めるのが難しい・・・・。

ただ、コスパなどを考えると、やはり1000円のガパオライスは高く感じてしまいます(笑)なので、今回の対決は、本場タイで食べるガパオライスに軍配があがりました。

ということで、第一戦目は、本場タイの勝ち。

日本:0勝 タイ:1勝

第二戦目:カオマンガイ対決

日本のカオマンガイ

V.S.

タイのカオマンガイ

日本のカオマンガイ(900円):鶏めしが非常に旨い。絶妙な水分量と鶏の出汁が効いていて鶏肉とも最高のマッチング。

タイのカオマンガイ(170円):あっさりしたご飯にあっさりした鶏肉。そしてその上にかける濃いめのタレの相性は抜群です。

これも判定が難しいのですが・・・・

値段を考慮しても、日本のカオマンガイに軍配が上がります。理由はやはり鶏めし。タレに関しては本場タイの方が良かったのですが、料理全体の味やバランスは日本の方が整っていました。

ということで、第二戦目は、日本の勝ち。

日本:1勝 タイ:1勝

sponsored link

第三戦目:パッタイ対決

日本のパッタイ

V.S.

タイのパッタイ

日本のパッタイ(900円):誰にとっても食べやすい味。もやしが多めでシャキシャキした食感が特徴的。一本一本の麺が短い。

タイのパッタイ(500円):味にパンチが効いていて、具自体も大きめにカットされていたので、食べごたえあり。

日本のパッタイは、麺が短くて食べごたえが少なかった印象。美味しくて食べやすいんですが、何か少しだけ物足りない印象を受けました。

一方、本場のタイで食べたパッタイはパンチが効いている一方で、味のバランスも良く、ボリュームもともに満足できました。すごく美味しかったです。

ということで、第三戦目は、タイの勝ち。

日本:1勝 タイ:2勝

第四戦目:パック・ブン・ファイデーン対決

日本パック・ブン・ファイデーン

V.S.

タイのパック・ブン・ファイデーン

日本のパック・ブン・ファイデーン(900円):一つ一つの空芯菜がしっかりしていて、歯ごたえも十分。味付けもタイで食べたものに近くて美味しかったです。

タイのパック・ブン・ファイデーン(180円):タイで食べた料理の中でもTOP3に入る美味しさを誇っていたタイのパック・ブン・ファイデーン。味付け、値段、ともに良かった。

甲乙つけがたい対戦ですが・・・・

両方共すごく美味しかったので、最後はコスパで判断ということで、本場タイに軍配があがります。物価の違いがあると言えど、180円であのクオリティーのパック・ブン・ファイデーンには叶いません。

ということで、第四戦目も、タイの勝ち。

日本:1勝 タイ:3勝

sponsored link

タイ料理対決は、本場タイの勝ち

ということで、タイ料理対決の結果は、本場タイの勝利でした!

もちろん、低価格で料理が食べられるコストパフォーマンス面でも、タイの方が有利かと思いますが、最終的な決め手は「印象に残る味かどうか」ということ。

日本のタイ料理は、めちゃくちゃクオリティが高いですし、本当に美味しいし食べやすかったです。

ただ、日本人の口に合うように味がマイルドに仕上がっていたこともあって、タイ本場で食べたタイ料理の方が印象に残る味でした。

ということで、今回はタイに軍配を上げる形となりました。

大阪で美味しいタイ料理が食べれる店の情報

今回、大阪でタイ料理を食べさせてもらったお店の情報を載せておきます。

店名:「タイ ヤ タイ」

営業時間:1100〜15:00、17:00〜24:00

定休日:なし

住所:〒530-0057 大阪府大阪市北区曾根崎1丁目6−23

地図

 

タイ出身の現地人がお店を営んでいるので、本場のタイ料理が頂けます!

もちろん、日本人の口に合うようには味付けがされていますが、とても美味しく頂けました。また行きたいと思います!

ではでは!

タイに行ってタイ料理を堪能してきた - 死ぬまでにしたい100のこと

2018.12.30

タイ3泊4日の旅行:1日目 空港からいきなりアユタヤへGO!

2018.12.28

タイ3泊4日の旅行:2日目 アユタヤ観光からのバンコクは天国。

2018.12.29

タイ3泊4日の旅行:3日目 メークロン市場からゴーゴーバーまで

2018.12.29

タイ3泊4日の旅行:4日目 ガパオライスを食べて帰国

2018.12.30

ABOUTこの記事をかいた人

未だ人生の中で同名に出会ったことがない”ふくと”という名前を持つ大学生。アフィリエイトの最高月収は23万。TOEIC925点。世界25カ国の渡航経験と米国留学経験があります。純ジャパですが、顔が”東南アジア系ハーフ”とよく間違えられます。