WordPressにGoogle Search Consoleを連携・埋め込む方法をわかりやすく解説しました

 

このページでは、WordPressにGoogle Search Consoleを設置する方法を図と一緒に解説していきます!

 

sponsored link

Google Search Consoleとは…?

Googleサーチコンソールとは、主にGoogle検索結果でサイトのパフォーマンスを監視、管理ができるGoogleが提供している無料ツールです。

主にできることは、

・どの検索ワードからサイト訪問されたか。
・どこから訪問されたか。
・どれくらい表示され
・どれくらいクリックされたか。
・内部リンクに異常はないか。

などを確認することができる、サイト運営者にはありがたい”無料サービス”。

 

WordPressにサーチコンソールを設置させる方法(5ステップ)

 

①Google Search Consoleにログインする

 

まずは、あなたのGoogleアカウントで、Google Search Consoleにログインしましょう。

 

②自分の登録したいサイトを追加する

「プロパティを追加」からあなたのウェブサイトのURLを記入し、「追加」をクリック。

 

③追加したサイトの所有権を確認させる(metaタグを作成する)


タブの「別の方法」をクリックし、「HTMLタグ」をクリック

そこに出てきた<meta name で始まるmetaタグをコピーします。

 

④metaタグをWordPressの「header.php」に埋め込む

WordPressの管理画面に戻って、「外観」→「テーマの編集」を選択します

「テーマの編集」→「テーマヘッダー」をクリック

その後、</head>の前に先程コピーした「metaタグ」をペーストします。

 

⑤Google Search Consoleに戻って「確認」する

確認ボタンをクリックするとGoogle Search Consoleの設置が完了です!

 

sponsored link

プラグインでも設置は可能!ただし!

実は、プラグインからでも、ウェブサイトとGoogle Search Consoleの連携はできます

ただ、プラグインを増やしすぎると、サイトが重くなったり、運営が非効率になったりもするので、この方法で設置することをおすすめします〜!

 

オススメのプラグインはこちらで紹介しています。

Wordpressのプラグイン8選。まずはこれだけあれば充分。

2018.09.10

ABOUTこの記事をかいた人

未だ人生の中で同名に出会ったことがない”ふくと”という名前を持つ大学生。アフィリエイトの最高月収は23万。TOEIC925点。世界25カ国の渡航経験と米国留学経験があります。純ジャパですが、顔が”東南アジア系ハーフ”とよく間違えられます。